色認識を行うPEEKCOLOR関数の使い方とゲームマクロに役立つサンプルコード

      2016/05/15

PEEKCOLOR関数 を使った色認識でNPCやアイテムを判別する方法とサンプルコード。

座標を指定する為に座標の理解が必要です。
座標の違いと取得方法(絶対・相対・オブジェクト)

指定位置の色を取得する

i_color = peekcolor(X,Y)

i_color にBGR値で色情報が格納される。
変数名は適当で良いが、座標に関しては座標のあれこれを理解したうえできちんと設定する必要がある。

指定位置の色をRGB値で取得する

i_color = peekcolor(X,Y,COL_RGB)

i_color にRGB値で色情報が格納される。
一般的にはRGBが利用されているのでRGBで統一したい場合こちらです。

指定した色があるかで条件分岐する

i_color = 255255255
if i_color = peekcolor(X,Y) then 処理

予め比較する色を定義(i_color)しておき、もし i_color が PEEKCOLOR の結果と一致すれば 処理(例えば KBD など)

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントで聞こう。

 - サンプルコード , , , , , , , , , , ,