裏マクロも作れるMOUSEORG関数の使い方とゲームマクロに役立つサンプルコード

      2016/05/15

MOUSEORG関数 を使ってマウスやキー情報を直接ゲームに送ったり、クライアント領域の位置を基準にする使い方とサンプルコード。

MOUSEORG関数 の利用にはウィンドウIDが必須なので、以下のページを参考に GETID関数 の使い方を覚えてください。
ゲームウィンドウのIDを取得するGETID関数の使い方とサンプルコード

クライアント領域の位置を基準にする

mouseorg(ウィンドウID,1)

MMV,BTN,PEEKCOLOR,CHKIMG 関数の座標の基準がクライアント領域基準になる。
座標については 座標の違いと取得方法(絶対・相対・オブジェクト) を参考にしてください。

もしも ゲームウィンドウのIDを取得するGETID関数の使い方とサンプルコード ページを参考に、winid にアクティブウィンドウのIDを格納していた場合は以下のようになる。

mouseorg(winid,1)

前述のページとこのサンプルコードを見てもよく意味が分からない人は、初心者に向けたUWSCの使い方メニュー に変数に関するページがあるので参考にしてほしい。

マウスとキー情報を直接ウィンドウに送る

mouseorg(ウィンドウID,2)

上記サンプルコードで KBD,MMV,BTN 関数の情報が直接ウィンドウ(オブジェクト)に送られる。

簡単な操作であれば、いわゆる裏マクロが可能になる。
裏マクロを作る

MOUSEORGで変更した基準値を元に戻す

mouseorg(0)

上記サンプルコードでスクリーン座標に戻る。

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントで聞こう。

 - サンプルコード , , , , , , , , , , , , ,