ゲームウィンドウのIDを取得するGETID関数の使い方とサンプルコード

      2016/05/15

GETID関数 を使ってウィンドウIDを取得する方法とサンプルコード。
ウィンドウIDは MOUSEORG関数 等に必須の情報で、ハンドル値に変換するためにも使われます。

ウィンドウタイトルからIDを取得する

winid = getid("メモ帳")

上記のサンプルコードでは「メモ帳」ウィンドウを探してIDを winid に格納する。

アクティブウィンドウからIDを取得する

winid = getid(GET_ACTIVE_WIN)

アクティブウィンドウのIDが winid に格納される。

任意のウィンドウ上で指定キー入力でIDを取得する

fukidasi("ゲームウィンドウ上でSキー") //Sキー入力待ちの告知
While !(GETKEYSTATE(VK_S)) //Sキー入力まで無限ループ
sleep(0.1)
Wend

fukidasi() //入力待ち告知の吹き出しを消す

winid = getid(GET_ACTIVE_WIN) //Sを押したウィンドウでIDが取得されるので確実に取得できる

上記サンプルコードは最も楽で間違いのないゲームのウィンドウID取得方法。
Sを押さないと始まらないので勝手にマクロが暴発する事がない。

S入力がキー的に問題ありであれば、2行目の仮想キーを任意のものに変更すると良い。

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントで聞こう。

 - サンプルコード , , , , , , , , , , , , ,