条件により処理を繰り返すfor文の使い方とサンプルコード

      2016/05/15

条件により処理を繰り返すための FOR~NEXT制御文 の使い方とサンプルコードです。
この処理をx回のような使い方です。

for文の基本的な使い方

for 変数 = 初期値 to 終了値 [step 刻み値]
処理
next //nextの後に変数を書いてはダメ

とても簡単ですね。
変数についてよくわからない方は、関数と変数の違いページを参考にして下さい。

具体的な使い方は以下のようになります。

// マウス水平移動、 別スクリプトファイルの呼出し
for x = 0 to 600
mmv(x,200)
if (x mod 100) = 0 then call .\TEST.uws //100ドット毎にTEST.uws の実行
sleep(0.1)
next

xの値が1周ごとに増加します。
増加するたびに MMV関数 の X座標が変わっていくのでマウスが水平移動します。

更に次の if文 では (x mod 100) = 0 then call となっていますね。

mod というのは演算子の1つで"余り"です。
文字で当てはめてみると以下になります。

もし (x ÷ 100 の"余り") が 0 の時には .\TEST.uwsを実行 

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントかメールで聞いてね!

 - サンプルコード , , , , , , , , , , , ,