SENDSTR関数

      2016/05/15

SENDSTR 関数は、文字列の送信を行うための関数です。

SENDSTR( ID, 文字列, [番号, 送信モード, ACC指定] )

ゲームマクロにおける用途

SENDSTR 関数は、ゲームのウィンドウに文字列を送信し、ショートカットキーを押したりするために使われます。
また、一部ブラウザゲームでまとまった文字列を送信する際にもよく使われます。

多くのオンラインゲームでは、KBD関数SCKEY関数 でキー入力を送信できますが、もし上手くキー入力できない場合にはこの関数の存在を思い出してください。

引数

 ID: Windowを識別するID
    (ID = 0 であれば クリップボードへ)
 文字列: 送りたい文字列
 番号: 左上から数えたエディトコントロールの順番 (1から指定、マイナスを付けた場合にはDisable状態のものもカウント)
     (0:デフォルトはフォーカスを持ったエディトコントロール)

 送信モード: 
    FALSE: 追加 (デフォルト)
    TRUE: 置き換え
    2:   一文字ずつ送信 (PostMessage,WM_CHAR)

 ACC指定: 
    FALSE: APIによる (デフォルト)
    TRUE: アクセシビリティ用インターフェースを利用
    2:   アクセシビリティ用インターフェースを利用(ウィンドウをアクティブ化しない)

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントで聞こう。

 - ウィンドウ関連 , , , , , , , , , , ,