SAVEIMG関数

      2016/05/15

SAVEIMG 関数は、画像の保存を行う関数です。

SAVEIMG( [画像名, ID, x, y, 幅, 高さ, クライアント指定, JPEG指定, 画面取得指定] )

ゲームマクロにおける用途

SAVEIMG 関数は、ゲームマクロにおいては滅多に使われませんが、自動狩りマクロを放置して寝る際に定期的にスクリーンショットを取ったりなどできます。
(最も、ゲームそのものにSS機能がついていれば、そのショートカットキーを送れば良い)

引数

 画像名: 保存ファイル名(BMP/JPEG形式) (画像名を省略した場合はクリップボードへ)

 ID: Windowを識別するID (0 であればスクリーン全体)

 X, Y: 位置

 幅, 高さ: 大きさ
 クライアント指定:
   FALSE: 指定ウィンドウ全体 (デフォルト)
   TRUE: クライアント領域

 JPEG指定: 1(高圧縮)~100(低圧縮) までの圧縮率を指定すると JPEGにて保存、 0(デフォルト)は BMPにて保存

 画面取得指定:
   0 (デフォルト): 指定アプリがフォアグランドかバックグランドかにより画面の取得方法を変更
   IMG_FORE    : フォアグランドとして可視画面(デスクトップ)より画面を取得
   IMG_BACK    : バックグランドとしてアプリより画面を取得

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントで聞こう。

 - ウィンドウ関連 , , , , , , , , , , , ,