POSACC関数

      2016/05/15

POSACC 関数は、座標位置の文字(情報)を取得する関数です。

戻値 = POSACC( ID, クライアント座標X, クライアント座標Y, [モード] )

ゲームマクロにおける用途

POSACC 関数は、ゲームマクロにおいてはほぼ使われませんが、一部のブラウザゲームに関しては利用価値が高い場合があります。

引数

 ID: Windowを識別するID (スクリーン全体の場合は 0)
 座標: クライアント座標 (ID= 0 の場合はスクリーン座標)

 モード:
   0         // (デフォルト) ACC_ACCの実行、取得ができなければACC_API を実行
   ACC_ACC      // 表示文字の取得 (アクセシビリティ用インターフェース使用)
   ACC_API      // DrawText, TextOutなどのAPIをトラップ (WinXP以上、64bitアプリNG)
   ACC_NAME      // 名前  (アクセシビリティ用インターフェース使用)
   ACC_VALUE     // 値   (アクセシビリティ用インターフェース使用)
   ACC_ROLE     // 役割  (アクセシビリティ用インターフェース使用)
   ACC_STATE     // 状態  (アクセシビリティ用インターフェース使用)
   ACC_DESCRIPTION  // 説明  (アクセシビリティ用インターフェース使用)
   ACC_LOCATION   // X,Y,幅,高さ(アクセシビリティ用インターフェース使用)
   ACC_BACK      // ウィンドウをアクティブ化しない (他モードに付加して使用)

戻値

 取得した文字(情報)

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントかメールで聞いてね!

 - ウィンドウ関連 , , , , , , ,