PEEKCOLOR関数

      2016/05/15

PEEKCOLOR 関数は、指定位置の色を得る関数です。

戻値 = PEEKCOLOR( X, Y, [RGB指定, クリップボード指定] )

ゲームマクロにおける用途

PEELCOLOR 関数は、ゲームマクロにおいて無くてはならない関数の1つで、ある箇所の色情報を取得し、それを比較することで、HPの自動回復やMOBやNPCなどを判別します。
色認識とも呼ばれ、画像認識(CHKIMG関数)と並んで対象の判別に最も良く利用されます。

色認識を行うPEEKCOLOR関数の使い方とゲームマクロに役立つサンプルコード ページもご覧下さい。

引数

 X、Y: 座標 X、Y
 RGB指定:
   0:    BGR値にて返す (デフォルト)
   COL_RGB: RGB値にて返す
   COL_R:  赤の成分のみを返す
   COL_G:  緑の成分のみを返す
   COL_B:  青の成分のみを返す
 クリップボード指定:
   FALSE: 画面より (デフォルト)
   TRUE: クリップボードより

戻値

 指定位置の色情報

 ※ BGR値 例) 青:$FF0000、緑:$00FF00、赤:$0000FF、オレンジ:$0080FF、黄:$00FFFF
 ※ RGB値 例) 赤:$FF0000、緑:$00FF00、青:$0000FF、オレンジ:$FF8000、黄:$FFFF00

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントかメールで聞いてね!

 - ウィンドウ関連 , , , , , , , , , , , , , ,