GETSLCTLST関数

      2016/05/15

GETSLCTLST 関数は、COMBOBOX, LISTBOX, ITM_LISTVIEW, ITM_TREEVIEW での選択項目を取得する関数です。

戻値 = GETSLCTLST( ID, [番号, リストビュー列] )

ゲームマクロにおける用途

GETSLCTLST 関数は、ゲームのマクロにおいてはほぼ使われることはありません。
一部のブラウザゲームで使える場合があります。

引数

引数
 ID: Windowを識別するID
 番号: 左上から数えたエディトコントロールの順番 (1から指定)
 リストビュー列: リストビュー時のリストビューの列を指定

戻値

 選択されている項目 (複数選択されている場合はタブにて結合される)

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントで聞こう。

 - ウィンドウ関連 , , , , , , ,