GETITEM関数

      2016/05/15

GETITEM 関数は、キャプション文字やリスト等を全て取得する関数です。

戻値 = GETITEM( ID, 種別, [番号, リストビュー列, ディセーブルフラグ] )

ゲームマクロにおける用途

GETITEM 関数は、ゲームのマクロにおいてはほぼ使われることがありません。
ブラウザゲームに関してもそう滅多に使うものではないです。

引数

 ID: Windowを識別するID
 種別: (複数指定可)
   ITM_BTN     // ボタン、チェックボックス、ラジオボタン
   ITM_LIST    // リストボックス、コンボボックス
   ITM_TAB     // タブコントロール
   ITM_MENU    // メニュー
   ITM_TREEVIEW  // ツリービュー (ITM_TREEVEW でも可)
   ITM_LISTVIEW  // リストビュー (ITM_LSTVEW でも可)
   ITM_EDIT    // エディトボックス
   ITM_STATIC   // スタティク
   ITM_STATUSBAR  // ステータスバー
   ITM_TOOLBAR   // ツールバー
   ITM_ACCCLK    // アクセシビリティ経由でのクリック可能な物
   ITM_ACCCLK2   // アクセシビリティ経由でのクリック可能な物(選択可のテキストも含める)
   ITM_ACCTXT    // アクセシビリティ経由でのテキスト
   ITM_BACK     // ITM_ACCCLK、ITM_ACCTXT  指定時にアクティブにしない
 番号:ITM_LIST、ITM_TREEVIEW、ITM_LISTVIEW 複数存在時は左上からの順番を指定(-1にて全コントロール取得)

 リストビュー列: リストビュー指定時のリストビューの列を指定 (-1にてカラム名取得)

 ディセーブル:
    FALSE: ディセーブルな物も取得 (デフォルト)
    TRUE: ディセーブルな物はを取得しない

戻値

 取得した数を返す
 取得した情報は配列変数の ALL_ITEM_LIST[ ] に格納される (配列はゼロから)

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントで聞こう。

 - ウィンドウ関連 , , , , , , , , , ,