VARTYPE関数

      2016/05/15

VARTYPE関数は、変数の型を返す、もしくは型を変換する関数です。

戻値 = VARTYPE( 変数, [変換タイプ] )

ゲームマクロにおける用途

VARTYPE関数は、ゲームマクロでは基本的に利用されません。

引数

 変数: 型を調べる変数
 変換タイプ: 型を変換する場合にタイプ指定

戻値

 型
  VAR_EMPTY (0)   // Empty
  VAR_NULL (1)   // Null
  VAR_SMALLINT (2) // 2バイト整数(符号付)
  VAR_INTEGER (3)  // 4バイト整数(符号付)
  VAR_SINGLE (4)  // 単精度浮動小数点値
  VAR_DOUBLE (5)  // 倍精度浮動小数点値
  VAR_CURRENCY (6) // 通貨型
  VAR_DATE (7)   // 日付型
  VAR_BSTR (8)   // 文字列型
  VAR_DISPATCH(9)  // オブジェクト
  VAR_ERROR (10)  // エラー値
  VAR_BOOLEAN (11) // ブール型
  VAR_VARIANT (12) // バリアント
  VAR_UNKNOWN (13) // 未定義のオブジェクト
  VAR_SBYTE (16)  // 1バイト整数(符号付)
  VAR_BYTE (17)   // 1バイト整数(符号なし)
  VAR_WORD (18)   // 2バイト整数(符号なし)
  VAR_DWORD (19)  // 4バイト整数(符号なし)
  VAR_INT64 (20)  // 8バイト整数(符号付)
  VAR_ARRAY(8192[$2000]) // 配列
 変換タイプが指定された場合には、変換されて値を返す

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントで聞こう。

 - システム関数関連 , , , , , , ,