XLOPEN関数

      2016/05/15

XLOPEN 関数は、Excelを起動(または OOoのCalcの起動)させる関数です。

戻値 = XLOPEN( [ファイル名, 起動フラグ, パラメータ, パラメータ, ...] )

//  Pro版のみ
// または OpenOffice.org / LibreOffice の表計算(Calc)の操作

ゲームマクロにおける用途

XLOPEN 関数は、ゲームマクロではほぼ使われません。

引数

 ファイル名: 読み込むファイル名、 新規の場合は省略
 起動フラグ:
     0(デフォルト)  // 起動済みのExcelがある場合はそれを、なければ新規にExcelを起動
     XL_NEW, True(1) // 既にExcelが存在しても 新規にExcelを起動
     XL_BOOK      // ExcelにてBOOK単位で制御したい場合(BOOKのオブジェクトを返す)
     XL_OOOC      // OpenOffice.org / LibreOffice の表計算(Calc)の起動
 パラメータ: ファイルオープンに対し追加パラメータがある場合に("password:=1234", "ReadOnly:= True" 等)

戻値

 ExcelのCOMオブジェクト (XL_OOOC指定時は OOoのCalc のオブジェクト)

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントで聞こう。

 - Excel操作関連 , , , , , , ,