SLCTBOX関数

      2016/05/15

SLCTBOX 関数は、セレクトボックスを表示する関数です。

戻値 = SLCTBOX( 種別, タイムアウト秒, [メッセージ], 項目, [項目, 項目, ...] ) 

 もしくは

戻値 = SLCTBOX( 種別, タイムアウト秒, x, y, [メッセージ], 項目, [項目, 項目, ...] ) 

ゲームマクロにおける用途

SLCTBOX 関数は、ゲームマクロではほぼ使われませんが、一部のブラウザゲーム(CGIゲーム)のマクロでは利用価値がある場合があります。

引数

 種別:
   SLCT_BTN   // ボタン
   SLCT_CHK   // チェックボックス
   SLCT_RDO   // ラジオボタン
   SLCT_CMB   // コンボボックス
   SLCT_LST   // リストボックス
   SLCT_STR   // 戻り値を項目名で返す (他の種別に付加して使用)
   SLCT_NUM   // 戻り値を位置数で返す (他の種別に付加して使用)

 タイムアウト: 指定時間(秒)を過ぎるとゼロを返します (0指定でタイマーは無効)
 x, y: 第3引数と第4引数が数値であれば X位置,Y位置指定と判断します (省略型は中央表示)
 メッセージ: 表示メッセージ
 項目: 選択項目名  (配列変数で渡す事も可)

戻値

 1つ目が選択されたならば SLCT_1 が返される
 2つ目が選択されたならば SLCT_2 が返される

 SLCT_CHK (チェックボックス)選択時はビット演算して返される
 SLCT_STR 付加時は項目名で返される (複数選択時はタブにて結合される)
 SLCT_NUM 付加時は位置数で返される (複数選択時はタブにて結合される)

 ※ 閉じボタンによる終了時は-1を返してくる (SLCT_CHKにてビットチェックする場合は注意)
 ※ 項目数は最大31まで (SLCT_STR、SLCT_NUM の場合は制限なし)

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントで聞こう。

 - ダイアログ/表示関連 , , , , , , , , , , ,