MSGBOX関数

      2016/05/15

MSGBOX 関数は、メッセージボックスを表示する関数です。

戻値 = MSGBOX( メッセージ, [表示ボタン, X, Y, フォーカスボタン] ) 

ゲームマクロにおける用途

MSGBOX 関数は、どのようなマクロを書く場合にも必須になる関数です。
主な用途はデバッグで、変数の中身を表示させることにより、問題点がどこかを探し当てるのに重要な役割を果たします。
困ったらとりあえず変数の中身を表示してみましょう。

引数

 メッセージ: 表示メッセージ
 表示ボタン: ボタン種別 (複数指定可、デフォルトはBTN_OK)
       BTN_YES, BTN_NO, BTN_OK, BTN_CANCEL, BTN_ABORT(中止), BTN_RETRY(再試行), BTN_IGNORE(無視)

 X、Y: 表示位置 X、Y (デフォルトは画面中央)

 フォーカスボタン: デフォルトとしてフォーカスを与えるボタン種別

戻値

 押されたボタン種別

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントで聞こう。

 - ダイアログ/表示関連 , , , , , , , , , , , ,