DOSCMD関数

      2016/05/15

DOSCMD 関数は、コマンドライン(コマンドプロンプト)の実行を行う関数です。

戻値 = DOSCMD( コマンド, [同期フラグ, 画面表示, UNICODE出力] )

ゲームマクロにおける用途

DOSCMD 関数は、ゲームマクロにおいてはほぼ使われることはありませんが、例えば終了時バナーのあるゲームなどの再起動時にtaskkillコマンドを利用するなど、覚えていれば将来的に便利に使えます。

引数

 コマンド: コマンドプロンプトのコマンド

 同期フラグ:
   FALSE: 終了を待つ (デフォルト)
   TRUE: 待たずに戻る

 画面表示:
   FALSE: コマンドプロンプト画面を表示しない (デフォルト)
   TRUE: 表示する

 UNICODE出力:
   FALSE: ANSIにて出力 (デフォルト)
   TRUE: UNICODEにて出力

戻値

 標準出力を返す (同期フラグがTrue、もしくは画面表示がTrueの場合は返しません)

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントで聞こう。

 - 制御関数関連 , , , , , , , , , , , , , , ,