POS関数

      2016/05/15

POS 関数は、文字列を検索する関数です。

戻値 = POS( 探す文字, 探される文字列, [n個目] )

ゲームマクロにおける用途

POS 関数は、ゲームマクロではほぼ使われませんが、一部ブラウザゲームで活用することができます。

引数

 探す文字: 探したい文字列
 探される文字列: 探される文字列
 n個目: nを指定するとn個目の文字位置を返す(マイナス値で指定すると後ろからサーチ)

戻値

 見つかった位置 (1から)
 (見つからなければゼロを返す)
 (大文字,小文字の区別はしません)

 ※ バイト処理の場合は POSB

「もっと詳しく!」「こうできないの?」この記事に関連する質問や要望があればコメントで聞こう。

 - 文字操作関連 , , , , , , ,